火葬法によって異なるペット火葬の流れ【あなたはどれを選ぶ?】

ペット火葬の流れや火葬法別の特徴を覚えておこう

ペット火葬を行なうときの流れについて

女性

ペット火葬は、火葬法によって一連の流れに違いがあります。利用者の多い個別火葬方法の大まかな流れを把握しておきましょう。

ペット火葬はどのように行なうの?~業者に伺いました~

家族全員でお見送りをしたいので立会個別火葬をしたいのですが、どのような流れで行なうのですか?
立会個別火葬は、人間の火葬及び葬儀とほぼ同じ流れで行われます。まず、火葬業者のもとで受付を行ないます。その後、セレモニー、火葬、拾骨、納骨及び返骨という流れとなっています。これらの工程全てに参加できるようになっており、遺骨を納骨するか返骨するかは依頼者が選べるようになっています。いくつかある火葬法の中で、最も長く供養の場に立ち会える火葬法と言えます。
霊園まで行けないので、ペット火葬をそちらで行なってほしいです。どうすればいいのですか?
そのような方には一任個別火葬や合同火葬がオススメです。ペット火葬業者が依頼者の自宅に遺体を預かりに訪れ、また火葬も業者のほうで責任持ってやってくれるので、依頼者がその場にいなくても問題無く火葬をしてもらえます。時間が取れない方や、火葬する場所が家から離れているという方に適した火葬法と言えます。ただ、セレモニーや拾骨に立ち会えないということは把握しておきましょう。

ペット火葬を行なった後の供養

火葬法の選び方の1つに、「火葬後の供養の仕方で選ぶ」というやり方があります。ペット火葬を終えた後、どのような供養をするかは、ペットを亡くした方が選ぶことができます。ただ、もし自宅で供養する「手元供養」という方法を選ぶのであれば、手元に遺骨が無いといけません。となると、返骨してもらえる一任個別火葬や立会個別火葬を選択する必要がある、ということになります。返骨を可能としている合同火葬を行なっている業者もありますが、全部が全部では無いため、事前に確認しておきましょう。

TOPボタン