それぞれの特徴を覚えよう【ペット火葬は火葬法選びが重要】

ペット火葬の流れや火葬法別の特徴を覚えておこう

納得のいく方法で~ペット火葬の選び方~

遺骨

ペット火葬には様々な種類があります。自分や家族、そして息を引き取ったペットが納得のいくお別れができるよう、火葬法におけるいろいろな部分を確認しながら選んでいきましょう。

ペット火葬の特徴について知ろう

立会個別火葬
立会個別火葬は、火葬から返骨まで全ての流れに立ち会うことのできる火葬法です。火葬後に出てきた遺骨は、骨壷に収めた後納骨をするか自宅に持ち帰って保管するか選ぶことができます。費用こそ高額ですが、葬儀に終始参加でき、また自分や家族の手で供養できるというメリットがあります。
一任個別火葬
一任個別火葬は、「個別火葬」という文字が入っている通り自分の飼っていたペットを単体で火葬してもらえる火葬法です。火葬の場に立ち会うことはできませんが、火葬後の遺骨はスタッフの手により拾骨され、納骨か返骨のどちらかを選択する流れとなっています。料金としては、立会個別火葬と合同火葬のちょうど中間に位置することが多いです。
合同火葬
合同火葬は、他家のペットたちと一緒に火葬を行なう方法となっています。火葬の立会や拾骨、返骨などはできません。また、火葬後の遺骨は合同納骨堂に納められる場合がほとんどです。個別で火葬させるのはかわいそう、という方に人気がある火葬法です。料金は上の2つの方法に比べ安く設定されていることが多いです。

火葬法を選ぶときは、それぞれの特徴をしっかり理解、把握しておくことが大切になります。家族とじっくり相談し、そして亡くなったペットの気持ちを考えながら決めていきましょう。

TOPボタン