私はこの火葬法で供養する!【ペット火葬のノウハウを勉強しよう】

ペット火葬の流れや火葬法別の特徴を覚えておこう

ペット火葬の選び方について知っておこう

家族同然として接してきたペットが亡くなってしまうのは、とても悲しいものです。ペットとの最後のお別れをきちんと行なうためにも、ペット火葬を通して手厚く供養してあげましょう。ただ、一口にペット火葬と言ってもいろいろな種類があります。どのようなところにポイントを置いて選んでいけばよいのでしょうか。

大切なペットときちんとお別れするために

愛するペットが息を引き取ったとき、深い悲しみに暮れたり、現実を受け止められなかったりして、何かと正常な判断がつかなくなることがあります。息を引き取ったと分かったときは、ひとまず落ち着き、遺体が傷まないような処置を取りましょう。遺体が入る箱にタオルを敷き、それに遺体を入れ、保冷剤でお腹を冷やすようにすればOKです。そこまで終えたら、ペット火葬を行なっている業者に依頼し、ペット火葬の依頼を出します。

ペット火葬の選び方のポイント

火葬の方法を決める
ペット火葬には様々な種類の火葬法があります。それぞれ火葬の流れや拾骨・返骨の有無などに違ってくるので注意しましょう。
火葬した後の供養法を決める
火葬した後の遺体をどこに納めるか考えます。ペット霊園に納骨する方もいれば、手元供養という形で自宅に遺骨を管理する方もいます。
どこの業者に依頼するかを決める
業者選びはとても重要です。業者によって宗派や設備や、規模も違えば、当然場所も違ってきます。また、ペット火葬における各火葬法の料金設定も大きく異なります。

ペット火葬の業者に問い合わせてみよう

専門業者にペット火葬を依頼する際は、疑問点や不安点などがあればすぐに確認するようにしましょう。ペット火葬の詳細や料金面、副葬品の許容範囲、当日の流れや持ち物など、これらは全て事前に確認すべき点です。初めてペット火葬を依頼するという方は、特にいろいろな部分を聞いておきましょう。申し込みをする前に火葬場を見学させてもらうことも可能です。

ペット火葬を行なう前に知っておきたい火葬方法の種類

犬

ペット火葬にはいろいろな種類の火葬法がありますが、それぞれの名称や内容を大まかにでも覚えておけば、その時が訪れたときにスムーズにペット火葬を計画できます。

ペット火葬の種類について

  • 合同火葬
  • 一任個別火葬
  • 立会個別火葬
  • 自宅火葬

ペット火葬の火葬法の中で、利用者の比率が特に多いのが合同火葬と一任個別火葬です。合同火葬は他のペットの遺体と合同で火葬を行なうため、拾骨や返骨、火葬の立会ができません。これらの火葬法を含め、各火葬法それぞれに特徴があります。最近は、忙しい人を中心に自宅葬の人気が高まってきています。また、自宅供養をするためにと、返骨してもらえるシステムとなっている個別火葬も根強い人気を集めています。

TOPボタン